マイホームはトラブルも多い!?後悔しないためのガイドブック > マイホームの頭金(自己資金)はいくら必要?

マイホームの頭金(自己資金)はいくら必要?

マイホームをゲットするには、頭金が重要なポイントになります。頭金とはマイホームの為に貯めた貯金の中から最初に支払う費用のことを指します。これは金融機関から借りるお金の金額を左右させる大切なものになります。頭金には必ず支払わなければいけない決まった金額はありません。そのためいくらぐらい頭金を用意すればよいのか迷われる方も多くなっています。
頭金の相場はだいたい物件価格の1割から2割ぐらいが目安になります。たとえば3000万円の住宅の価格の場合には、300万円から600万円の頭金が相場になるのです。1割から2割程度の自己資金を出す理由は、住宅ローンが影響しているからです。頭金がある場合と無い場合や少ない場合では、金利が異なることがあり、将来を見据えて先に無理をしても頭金を用意される方が多いです。
住宅ローンは数千万円の話になるので、金利が少しでも高くなったらその分の負担がかなり大きくなってしまうのです。総返済額を減らすには自己資金を多く出して利子を少なくすることが大切なことになります。しかし少しでも利子を少なくして住宅ローンの返済を軽くしたいと思って貯金の全額を使ってしまうと、何か不測な出費が発生したときに大変なことになりかねないので注意する必要があります

マイホームを手に入れるには、税金や手数料等の諸経費や、家電や家具を買うお金が必要になります。全部頭金に使用すると資金がなくなってしまいます。資金は計画立てて使用することが大切なことになります。購入後に病気になって働けなくなることもあるので、万が一に備えて生活することができる資金の確保は必要になるのです。
自己資金が無くても住宅ローンを組むことは可能ですが、そうなるとすべてを借り入れることになるので借入金が高額になってしまいます。借入金が高額になると住宅ローンの返済額が高くなるので完済することができなくなるリスクが高くなってしまうのです。
利子が多くなることで、家計を圧迫してしまうことに繋がっていきます。そうならないためにも、長期的なスパンを立ててライフプランに合わせて無理のない返済方法にすることが大切になります。
物件価格の2割ほどの自己資金が必要になるので、毎月頑張ってお金を貯めなければならないです。マイホームをゲットするには家計の見直しをして、できる限り節約をして無駄を省くことで、マイホームにかかる資金をスピーディーに貯めることができるようになります。

おすすめ記事