マイホームはトラブルも多い!?後悔しないためのガイドブック > 家を建てる際によくある隣人トラブルとは?

家を建てる際によくある隣人トラブルとは?

家を建てる際には隣人や周辺住民に気を配る必要があります。家を建てる際には大きな音や振動などが周囲に伝わることになります。この騒音問題や振動問題がよくあるトラブルです。これは周辺住民や隣人にとってはかなりのストレスになります。正しく対処しないことで、隣人トラブルになってしまうことが多いのです。
家を建てる際には、ハウスメーカーなど建設を依頼した業者が近隣住民に挨拶をおこなうとトラブルに発展するリスクが低くなります。また家の建設を見学しに行った際には、一言お詫びの言葉などの挨拶を自らすることで、近隣住民の方の理解を得ることができるようになり、トラブルを回避することができます。
ハウスメーカーなどの業者が挨拶に行く場合には、工期などの日程やそれに伴う騒音などを書いた用紙を作成して渡すことで、近隣住民の方も建設のスケジュールがわかるので、揉めることも少なくなります。このように丁寧な対応をしないままマイホームを建ててしまうと、近隣の方とうまく付き合うことができなくなってしまうこともあります。これから数十年住む家になるので、できるだけ快適に過ごすことができるように、最初の対応が大切になります。
エリアによってはコミュニティーが作られていることもあるので、その中にすんなり溶け込むようにするには建設前の挨拶が重要なことなのです。

建設時には、防音シートや防塵対策などできる限りの配慮をする必要があります。日中の作業になるので、ほこりがたつ作業の場合には、近隣の方の洗濯ものを汚してしまう恐れがあるので、そのような作業の場合には、前日や作業の前にでも近隣の方に報告すると良いです。
騒音問題の他には隣地境界線の問題もトラブルの原因になることがあります。土地は大切な資産になるので、揉めてしまうことが多いです。このようなトラブルを避けるには地積測量図を確認すると良いです。地積測量図とは土地の面積を明らかにする図面になり、不動産を登記する際に必要になります。土地家屋調査士に依頼をして、敷地境界線を確認することも大切です。
隣人との話し合いが合えば境界確定図によって隣家との境を明確にすることができます。家を建てるエリアの自治体によって隣家との距離が変わってくることがあるので、自治体のルールに従うことが大切になります。きちんと隣家との話し合いをして理解し合わなければ、損害賠償問題に発展してしまう恐れもあるので注意する必要があります。

おすすめ記事