快適な住まいの間取りの考え方

快適な住まいにする場合には間取りが大切なポイントになります。いざ住んでみて、不便に思う箇所が出てくることも多く、その不満理由が生活動線を考えて設計しないなかったことが原因だと言われています。
注文住宅の場合には、自由な間取りにすることができるので、自分達が住みやすいような間取りにすることができます。まず生活動線を考えることで快適に過ごすことができるようになります。生活動線は家事などをするときに非常に大切なポイントになり、生活動線が良いと他の作業と並行して作業をすることができるようになり、スムーズに作業をすることができるので、家事の時短効果も期待することができます。
キッチンとバスルーム・ランドリールームの行ききがスムーズにおこなえるような間取りがベストです。洗濯機を回しながらキッチンで作業をすることができます。ランドリールームと洗濯を干すスペースも近い方が良いです。洗濯が終わってからすぐに洗濯ものを干す作業にとりかかることができます。並行作業ができる場所が離れていると、無駄な動きが増えてしまいます。無駄のない動きをすることができるので、家事を時短化させることができます。

子供がいる場合や共働きの場合には、毎朝とても忙しくなります。家の設計時に家事動線を意識することで、スムーズに家事をこなすことができるようになり、ストレスを軽減させることができます。生活動線の考え方は、家族とのコミュニケーションが取ることができるような家族の動きや安全の確保のための動線も考える必要があります。
間取りを考える際には、家族構成や将来のライフプランによって考えることが必要になります。収納場所の確保も大切なことになります。間取りを考える際には、デッドスペースを有効活用したりすると良いです。収納場所が多いとお部屋が片付くので快適に生活をすることができるようになります。収納機能が充実していると子供に片付けの方法なども教えることができます。
その他には玄関のクローゼットからウォークインクローゼットまでの動線を設けることで、帰宅後にすぐに部屋着に着替えることができるようになります。玄関のクローゼットからウォークインクローゼットが近いと、トータルコーディネートもしやすくなるので、メリットが大きいです。家事動線を考えて間取りの設計をする際には、専門家のアドバイスをしっかり取り入れるころで快適な空間を作ることができます。

おすすめ記事