マイホームはトラブルも多い!?後悔しないためのガイドブック > 理想が高すぎるマイホームは破産する?

理想が高すぎるマイホームは破産する?

家の間取り図

マイホームを建てる際には、さまざまなところをこだわりたくなります。使用する建築資材から間取りなどこだわればこだわるほど建築費用がかさんでいきます。そうすることで予算オーバーになってしまい、無理な住宅ローンを組むことになり、毎月の返済が大変になってしまいます。
最新型のシステムキッチンなども非常に高額なものになるので導入する際にはしっかり考えた方が良いです。マイホームを建てる際には建築費用の他に新しい家電製品や家具を揃える方も多いです。そうなると理想を盛り込んだマイホームを建ててしまうと、お金がいくらあっても足らなくなってしまいます。
将来子供が授かった場合には、学費などのお金が必要になってきます。家計を圧迫するようなぎりぎりの返済額では、将来不安しか残らないので、理想が高すぎるマイホームは自分達の経済事情を加味して考慮する必要があります。
ギリギリ支払うことができる返済額の場合、病気で働くことができなくなった場合などローンの返済が滞ってしまって、大切なマイホームを明け渡すことになりかねないのです。自分達が長く暮らすことができるように、将来を見据えて余裕のある住宅ローンを組むことで、貯蓄ができるようになります。そうすることで、数十年後に家の修繕やリフォームをすることができるようになり、快適に長く暮らせるようになるのです。家の設計をする際には、こだわりたい部分を絞ることが大切になります。

何が一番必要なのかをきちんと見極めることで、無駄を省くことができうるようになり、建築にかかるコストを抑えることができます。こだわって大きな家を建てた場合、延べ床面積が大きくなるので建設費用が高くなります。家族構成をしっかり考えて大きすぎない家にすることが大切です。
建築コストを下げる場合には、小さな家にしてシンプルな2階建にすると良いです。凹凸がたくさんある間取りにしてしまうと、それだけで費用が高くかかるので、こだわって窓を多くしたりしないようにすることそれだけで建設費用を抑えることができます。またデザイン住宅などは通常の注文住宅に比べて費用が高くなります。
デザイン住宅はおしゃれで、スタイリッシュな住宅にすることができますが、こまかいところまでデザイナーがこだわるので、コストが高くなってしまいます。マイホームを建設する場合には、こだわりたい部分を決めて予算内に収めるようにすることで、無理の無い住宅ローンの返済にすることができます。

おすすめ記事